2018-11-25

オリンピックに向けて

タイトルを見て、
「日向さん、オリンピック目指してるの!?」と思う方は…いないでしょうが(笑)

昨日は東京2020のお仕事をしている方々に誘われて、

ロードレース(男子)コースの勝負どころを走ってきました。

道志みちが崩落によって通行止めだったり、
通常は自転車が通れない道もあるので後半の一部ではありますが、
走ったことがある人であれば、
「まじか~!」ってなる明神・三国峠(激坂区間)はしっかり走ってきましたよ。


今回は特別ゲストに今中大介さん♪
お忙しい中、調整が出来たからと急きょ参加してくださいました!\(^o^)/

山中湖沿いを走って、

籠坂峠で軽くアップ♪(みんなを待っている間に記念撮影中)

「下りのラインどりを見たい人はついてきて~」と今中さん。

私は下りが遅いので遠慮をさせていただき、

ハシケンさんによるGoPro撮影。

…と思ったらバッテリー切れのため?ラインわからず。

でも、エアロフォームは分かりますね~(*´▽`*)

山梨県→静岡県入りをして、

富士スピードウェイの前で記念撮影。

すぐに、悪名高い明神・三国峠です…。


路面のドーナツ◎◎◎がイヤになっちゃう!


押している方々も…


18%だもんね~( ̄▽ ̄;)

ずーっと20%近い勾配を走っていると、
11%が「あ・ゆるくなった♪」と思えるから不思議。
(スピードは11%だな!って感じですが)


前日から、
「あそこの峠、行ったことある!?」
「あざみラインよりはマシだけど、2番目くらいにやだよ~」
「調子悪かったら足ついちゃうかもしれない…」という弱音を延々と聞いてくれた立花ちゃん。

ありがとう♡

でも、がんばったらがんばった分だけ、
のぼり終えた時の達成感が高まるのがヒルクライムのいいところ。
みーんな、いい顔!

走ってる時は、
「もうやだ~」とか「足つきたい~」とか思うけど、
やっぱり頑張ってよかった。

そして、改めて…道志みち終えてから
明神三国峠が待っている(しかもレースペース)と思うと…

選手ってすごいわ~!(;´Д`)

じてんしゃと泊まる宿 サイクリストにやさしい宿&サイクリングコースガイド (GW MOOK)

価格:1,728円
(2019/1/7 06:37時点)
感想(1件)

美しすぎるヒルクライマー日向涼子のヒルクライムナビ ロードバイクで坂道を上る! (エイムック BiCYCLE CLUB別冊)

価格:1,296円
(2019/1/7 06:37時点)
感想(2件)

〈坂バカ〉式 知識ゼロからのロードバイク入門(SB新書) [ 日向涼子 ]

価格:864円
(2019/1/7 06:40時点)
感想(3件)

Pocket

関連記事