2020-03-16

やっぱり坂が好き(顔振峠)

一昨日は、関東でも雪?みぞれ?が降りましたね。

3月に入り、場所によっては桜も咲いていたのに、まだまだ油断ならない!?


この日のロケもそんな感じでした。

前日に雪が降り、ところによっては積もっている情報。

それでもロケに立ち会う全員のスケジュールと原稿の締切をにらめっこすると、

「やっぱり明日しかない!」

いろんな人に情報を聞きまくり、
路面が凍結していない坂をみつけてきました。

顔振峠

リンクが切れている場合は➡こちら

記事を書くにあたり調べたところ、
「顔振峠」と書いて、「かあぶりとうげ」と読むそうです。

でも、埼玉をホームとしているサイクリストが、
「こおぶり」とか「かぶり」と言っているのも聞いたことがありますが。

どの名前が浸透してるのでしょうね?


ハアハア、コーナーの激坂、しんど……。
でも、走ってた方があったかいわ。

なーんてことを考えながら。


無事、顔振峠に到着!

ゴール地点からは、
源義経の主従が眺望の美しさに何度も顔を振り眺めたことから、
「顔振峠」と名付けられたと伝えられるほどの絶景が広がっているので、
是非、ご自身の足で走って、ご自身の目で見に行ってください。

このロケでお借りしたウエアとバイクは以下の通り。

【ロードバイク】サーヴェロ・R3
【ウエア】パールイズミ
※詳細情報は本サイトをご覧ください。


撮影後はゴール付近にあった
平九郎茶屋のイノシシ鍋に助けられました!

走ってる間はいいけど、
走り終わると汗で寒くなるんですよね。

店主の加藤ツチ子さんは、
「こんな日だから誰もお客さん来ないかと思ってたわ~」と言っていましたが、
開けていてくれて、本当にありがとう!

おかげで風邪ひかずに済みました♡(^^)

現地へ行って、走りながら、様子をみながらの突撃取材。

たまにはこんなロケもあります。

バイシクルクラブの記事はイラストMAPしかないので、
実際に訪れたい方はRide with GPSの地図を参考にしてください。

顔振峠MAP

地図が読み込めない場合は➡こちら

輪行で行く場合には、

「飯能駅からが一番かな」
…と、埼玉に地の利があるカメラマンが言っていました。

スタート地点までは15kmほどなので、
アップがてら、ちょうどいいかもしれませんね。

いきなり坂をやりたい方は、吾野駅からだとすぐです。

西武鉄道のHPによると駅にコインロッカーもあるので、
荷物を預けて身軽に走ることも可能ですよ。

吾野駅情報は➡こちら

※記事内容及びMAPは連載当時のものなので変更している場合があります。
実際の道路事情に従ってください。

Pocket

関連記事