2020-03-09

やっぱり坂が好き(風張峠&風張林道)


バイシクルクラブ連載『やっぱり坂が好き』のWEB記事がアップされました。

前回に続き、今回の坂も2本立て。


東京で一番高い道路である
奥多摩周遊道路(標高1146m)をピークとする坂、
風張峠風張林道を紹介します。


リンクが切れている場合は➡こちら

東京にお住まいの方は
ヒルクライム好きでもそうじゃなくても、

風張峠には行かれたことがあるのではないでしょうか。

私もロケ以前にプライベートで何回か走りに行ったことがあります。
(偶然、同じ日に走りに来ていた妹とも会ったなあ)

ヒルクライムに恵まれている環境にある方にはそうでもないかもしれませんが、
上京して以来、関東平野で慣らされてきた私には衝撃の長さでした。

でも、路面も悪くないし、ヒルクライム練習にはいいところ。


ただ、ロケでスタート地点とした武蔵五日市駅は
都内在住でも他県の山の方が移動時間が短い、という場合もあります。

「東京って地図では小さいけど、案外広いんだなあ」というのが、
自転車に乗るようになってから気づいたことかな。

風張峠MAP

地図が読み込めない場合は➡こちら

「風張峠は何回も行ったから飽きたわ~」
「勾配きつい方がいいわ~」
「難所が好きだわ~」という猛者には、
風張林道にもチャレンジしていただきたいです。
ただし、ご覧の通り路面がいいとは言えない坂なので
パンク修理キットは必須です。

携帯の電波も入りにくい上、
交通量もほとんどなく誰かと出会える可能性も少ないので
万一、パンク修理キットを忘れちゃったら諦めましょう。

風張林道MAP

地図が読み込めない場合は➡こちら


このロケでお借りしたウエアとバイクは以下の通り。

【ロードバイク】カレラ・SL730
【ウエア】デマルキ
※詳細情報は本サイトをご覧ください。

このロケの思い出は、
「長かった……」ですかね。

2本目は足がなくなってるところを、
担当から「もっと速くしないと日が暮れますよ!」と言われながら走ってました。

きっとカメラマンもやきもきしていたと思います。

そして誌面に掲載された直後、
「どうせあれはポイントだけ撮影して、実際には2本やってないんでしょ」と
自転車業界の方から言われましたが、
この連載では実際に走ることが大切なので、そういうのはやってません。

せっかく坂に行ったのに、車移動じゃもったいないしね。

※記事内容及びMAPは連載当時のものなので変更している場合があります。
実際の道路事情に従ってください。

Pocket

関連記事