2019-08-19

憧れのボツ坂

バイシクルクラブ連載「やっぱり坂が好き」で、
絶対に取り上げたい(+個人的に行ってみたい)坂がありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2019年 09月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/8/16時点)

それは、こちら↓


すごくないですか?
※Twitterアプリだと見れないことがあるので、
 どうしても見たい場合はブラウザから開く、PCで見るなどしてください。

ネット上では話題になっていて、
特に九州エリアにお住いの方、九州方面に行かれた坂バカさんたちが
こぞって挑戦しているらしいのです。


「私も絶対行きたい!」

平均勾配15%、最大勾配27%(+路面悪そう)は、私に出来るのか!?

九州の「やっぱり坂好き」ロケはこんなのばっかりだな~( ̄▽ ̄;)

先に言っておくと、
九州はこんなとこばっかりではないです。

特に阿蘇は本州にない絶景が広がっていて、
今すぐにでも行きたいくらい!

でも、今回は阿蘇の鬼坂に挑戦(笑)

スタートは住宅街の中にあり、
「阿蘇大観の森」という看板がなければわからないです。

このあたり。

看板の「阿蘇大観の森」というのは今回の中間にあって、

今回の目的コースは、
「カルデラベルグ」とか「蛇の道」って言われています。

ワクワクしながら上っていくと……

ん?


んんんんんんんんんっ……!?

「阿蘇大観の森」までは行けますが、
その先は私有地につき通行禁止!になっていました。

ネットで話題になりすぎて訪れるサイクリストが増えたらしく、
土地の持ち主が「進入禁止」の看板をつけたようです。
(ネットの威力よ……)

というわけで、
「九州行ったらカルデラベルグ!」と思っていた方、
残念ながら、行っても走れません。
(住居以外の敷地でも私有地と認識できる場合は不法侵入罪が適用されるそうです)

こちらの土地の持ち主が、
「そんなに話題になっているなら…」と、通らせてくれることを願いましょう。

個人的には、私有地の管理費も含めて通行料を取ってもいいと思うんですけどね。
(お金払っても走ってみたい!)

でも、この勾配を考えると、
中途半端にお金を取って何かあった時に責任が発生するのも…かな?

難しいですね。

そ・れ・よ・り・も!

連載どうしよ!!!!(◎Д◎;)


↑使い道のなくなった扉絵

看板の前で困っていたところ、
私同様、北海道からこの坂を目指してきた(!?)サイクリストから、

「昨日走ったのもいい坂でしたよ~」と、

勾配のインパクトはカルデラベルグほどではないけれど、

楽しくて眺望の良い坂を紹介していただきました。

ありがとうございました!

持つべきは坂バカさん♪

ちなみに、こちらの掲載はちょっと先。

9月20日発売のバイシクルクラブになりますが、
今月号、もうすぐ発売される10月号ともども、
よろしくお願いいたします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2019年 10月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/8/17時点)

10月号の「やっぱり坂が好き」は沖縄です♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2019年 09月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2019/8/16時点)

Pocket

関連記事