2018-09-19

女性向けバイクって?

昨日はバイシクルクラブ連載「やっぱり坂が好き」ロケで、

CANYON エンデュレース WMN CF SL DISC 8.0 LTDに乗らせていただきました。

これは女性のために設計されたロードバイク。

私はそれなりに身長があるので、
好んで乗るのは男性モデル(ユニセックス)のバイクばかり。

それに女性向けモデルというと、
かわいらしい色合いだったり、走りごたえが??といった出会いが多かったことから、
「男性がイメージする女性ってこんな感じなんだろうなあ(私が望む感じとは違う)」と、
積極的に乗る気持ちにはなれませんでした。

でも、ここ最近はカラーリングがカッコよかったり、
女性用のロードバイクを男性顔負けの走りで使いこなす女性を見かけるようになり、
成熟してきたと感じるようになっていたのも事実です。

ロードバイクに乗る女性が増えてきたのもあるでしょう。

このように、私自身が女性向けロードバイクへの偏見が薄れてきた時、
キャニオンが女性ためのロードバイク「WMNシリーズ」を開発したことを知り、
今回、試乗させていただくことになりました。


「わっ!こんなに楽しく走れるバイクって、なかなかない!」

とにかく、走り心地が最高です。

これからロードバイクを始めたいなあと思っている女性にはもちろん、
後半にタレてしまう傾向にある場合にもオススメです。

思い当たる方、
もしかすると剛性が高すぎるのかもしれません。

一般男性と比較すると女性は体重が軽い場合が多い(必要なパワーが小さくて済む)ため、
高剛性のバイクに適応する肉体を作るには男性よりも時間がかかるでしょう。

もちろん、頑張って乗り込めば素晴らしい相棒になります。

でも、楽しくないと続けるのって難しいですよね。

私が最初に出会ったロードバイクは
エンデュランスロードと呼ばれる快適性能が高いモデルでした。

いきなりスーパーカーのようなものに乗っていたら、
乗りこなせず続かなかったかもしれません。

当時はひとりで走っていたし、乗らないからって怒られるわけでもないし(笑)

快適性能を優先することを懸念している方、
今はエンデュランスロードと謳って、
「快適性が高いけれど反応がもっさり…」というものはあまり見かけないので大丈夫。

女性だけでなく、
彼女や奥様に「ロードバイク乗って欲しいなあ」という男性は、
自分が好きなモデルだけでなく、女性向けモデルも選択肢に入れてみてください。

きっと、ロードバイクの楽しさに気づいてもらえると思います。

今回乗らせていただいた
「キャニオン エンデュレースWMN CF SL DISC 8.0 LTD」もそんなきっかけを作ってくれる一台でしょう。

安定性が高く、ディスクブレーキなので、
下りが苦手という方(私?)でも心地よく走れると思います。

気になることがあるとすれば、
・アップライトなジオメトリーのため好みが分かれそう。
・リーチが短くハンドル幅が狭い。
(一般的な女性なら問題ないしハンドルやステムを変えれば解決)

この2点くらいかな。

今まで女性向けロードバイクを敬遠していた私を開眼させてくれたことに感謝ですし、
これから、もっと様々な女性向けモデルに乗ってみたいと思いました。

2018.10.29追記

CANYONさんに記事を掲載していただきました。

Pocket

関連記事