自転車パーツ展示会へ | 気軽なサイクリングから本格的なレースまでスポーツバイクを楽しむためのメディア|サイクルコンシェルジュ
2018-01-25

自転車パーツ展示会へ



昨日は自転車パーツ展示会へ行ってきました。

私、女性の中では、

細々した自転車アイテムが好きな方だと思います。

その中でも今回一番じっくりと見たのが、シューズ。

強豪ライダーたちが使用していることでも有名なLAKEの試着をしてきました。

カンガルー革を使用したCX402は履き心地がいい!

革のアッパーが全体で均一に足を包み込むため、
締め付けにムラがあるシューズと違って血流が妨げられず、
足のむくみも起きにくいそう。

自転車を始めたばかりの頃、
とあるショップで勧められたサイズが合っていなくて、
(履いているうちに伸びるって言われたけど痛くて履いてられない)
1回で履くのを諦めたシューズがありまして…。

当時はかなり流行っていたシューズだったし、決してお安くなかったし、悲しかった。

それ以来、シューズ選びは、
「これはどっちだろう?」と悩んだら、
大きい方を選んでインソールで調整していましたが、
CX402は熱形成ができたり、左右異なるサイズも対応可能とのこと。

左足が少し大きい私にはありがたいサービスです。

それでも、「この感覚はぴったりなの?当たっているの??」

あまりにもしつこくフィッティングしている姿に、若干引かれていた気もする(笑)

サイズ対応だけでなく、
カラーオーダーやオリジナルの柄やロゴを入れるオリジナルグラフィックプログラムもできるとのこと。

チームでお揃いのオリジナルシューズとか、集団走行していたらかっこいいかもね。

でも、ミーハーな私が一番試着したかったのは、


超軽量なCX301です。

昨年からハシケンさんも履いておりまして、かなーり気になっていたのですよ。
(シューズはシビアに選ぶ人なのに履きつぶしすぎでは!?ってくらい愛用している)

渡された瞬間、「かるっ!」

メンズサイズ42で160gだそうです。

昨年、様々な軽量アイテムを試してみて、
軽きゃいいってものでもない(合う合わないがある)のを実感しているので、
走ってみないと何とも言えませんが、
富士ヒルチャンピオンの兼松さんが履いているというのも説得力のひとつかな。

これまでヒルクライムレースで履いていた軽量シューズが廃盤になったこともあり、
今シーズンの決戦アイテムにしようかなあ~、
夫婦でお揃いは恥ずかしい気もしますが…。

もう少し、悩んでみようと思います。

展示会では他にも気になるアイテムがあったので、折をみて紹介していきますね♪

Pocket

関連記事