サイクリストに優しい宿(しまなみ・ゆめしま海道編) | 気軽なサイクリングから本格的なレースまでスポーツバイクを楽しむためのメディア|サイクルコンシェルジュ
2018-03-20

サイクリストに優しい宿(しまなみ・ゆめしま海道編)


和歌山に続いて、


一昨日まで、しまなみ・ゆめしま海道をロケしていました。

「しまなみは分かるけど、ゆめしまって…?」という方も多いと思いますが、
しまなみ海道の東側に広がる岩城島・生名島・佐島・弓削島のことで、
自転車と船の旅を楽しめるというもの。


しまなみ上級者の間では、
「しまなみより好きです」という人が少なくないサイクリングスポットとなっています。

本当に静かな町で、癒されました。

とはいえ、しまなみ海道は「さすが、しまなみ!」とうならせてくれます。

「サイクリストの気持ちをよくわかっている!」

自転車ロッカーがある温泉施設。

鍵をかけても、盗難が心配でゆっくり湯船につかれないんですよね~。
でも、汗かいたまま帰りたくないし…。

ボディーシートで妥協するか、
パパパッとお風呂を浴びて帰るかでしたが、
自転車専用ロッカーがあれば安心。

コインランドリーもあるので、入浴中にウエアを洗濯できちゃう♪

汗ばんだウエアをビニールとか入れて持って帰って、
疲れているけど「洗濯しなきゃ…」というストレスがないのは、すごく嬉しい!

あと、自転車推しの地域では増えてきました↓


自転車のチューブ自販機ももちろんあります。(右上の3つがチューブ)


サイクリストには有名な自転車神社こと大山神社


大山神社では自転車お祓いをしていただけます。

神社仏閣では鳥居や楼門、山門を自転車でくぐるだけで怒られるのに、
バイクラックが中にあるのが不思議な感じ。

ご本人もサイクリストという宮司から、
「結婚おめでとう」と言っていただきました。

私たちの結婚を知っていたことに驚きましたが、
しまなみ海道のサイクリングスポットでは、あちこちでお祝いの言葉をいただきました。
(みんなよく知ってるなあ…汗)

神社で出会った大学生には、
「本を持っています!」と言ってもらって、恥ずかしいけど嬉しかったり。

因島の新グルメ村上海賊焼きを食べてお店を出たら、

「イベントでご一緒させていただきました!」というサイクリストと出会ったり。

ヒルクライムレースに出てる人しか私のこと知らないだろうと安心していたけど、
ちょっと、ちゃんとしなきゃなあ…(゚_゚i)


今回も、食べました!


食べました!!


食べました!!!


夫婦ふたりで、
「今シーズンのヒルクライムは大丈夫か?」ってくらい食べまくりました。
(※右はレモンのゆるキャラではなくハシケンさんです)

この前の和歌山取材で微増、今回の取材で…!?

でも、おいしいものをいただくのは自転車旅の醍醐味と、
目の前のグルメを心置きなく堪能させていただきました♡
(お土産スイーツもいっぱい買った!)

もちろん、




サイクリストに優しいお宿さんの取材もいっぱいさせていただきました。

しまなみ海道は、
「自転車はビジネスになる!」という認識のところが多いのか、
官民一体となって取り組んでいると感じました。

今後、こういった地域が増えてもらうためにも、
みなさん、積極的に自転車旅をしましょう♪

Pocket

関連記事