2018-02-20

崎陽軒の工場見学に行ってきた

「おいしいシウマイ 崎陽軒♪」

先日、妹と崎陽軒の横浜工場へ行ってきました。

こちらの工場見学(無料)は予約が取りにくいことで有名で、

今日現在の予約状況を見てみましたが、予約可能な3ケ月先まで埋まっています。

以前から気になっていた妹が、
キャンセル待ちが出たのを見つけて予約をしてくれました。


やきいもテラスの時もだけど、
彼女はこういう情報を見つけてくるのがうまいんです。

私たちは趣味趣向が似ている且つ平日昼間に休めるので、
こういった遊びはふたりで楽しむことが多いです。

新横浜からバス12分、徒歩3分。

崎陽軒の横浜工場に到着。

バス停(港北インター)は向かいにありますが、
近くに横断歩道がないので遠まわりしないといけません。


門をくぐると「崎陽軒プチミュージアムショップ」があり、
お土産を買いたくなりますが、まだ我慢。

この日は3グループに分かれ、1グループにつき10名くらい。(土曜は違うかも)

スリッパに履き替え、
「見学中の1時間はお手洗いに行けないので今のうちに…」と言われましたが、
違うグループの女性団体客が10名ほど並んでいたので諦めました。

崎陽軒の歴史を学ぶ部屋へ行く途中、

醤油さしのひょうちゃん

シウマイ弁当パズルでおかずの並び順が学べます

崎陽軒好きにはたまらないかもしれないグッズが展示されています。

まず、映像で崎陽軒のことを学びます。

創業は明治41年(1908年)で、
初代社長の「横浜に名物を作ろう」の掛け声のもとに開発がはじまり、
昭和3年(1928年)に冷めても美味しいシウマイの販売が開始されました。


初代社長は飛行機からビラをまいたり、
シウマイの無料引換券を配ったり、
売り子さんのシウマイ娘など、大々的にキャンペーンを行いました。

トップ画像はシウマイ娘のコスプレですが、
私が着ると法被に見えるような…トップスだけだから?下がボーダーだから??(´・ω・`)

崎陽軒の歴史を学んだあとは、


いよいよ工場見学へ♪

映像や工場の様子は撮影禁止とのことなので掲載できませんが、
機械にまかせる部分も多いのですが、
「え?そこは人手なの??」という部分があって、楽しい。

崎陽軒なりのこだわりなのでしょうね。

崎陽軒のシウマイは、
豚肉、たまねぎ、でんぷん、小麦粉、帆立貝柱、グリンピース、砂糖、塩、こしょうのみでできているそうです。

でんぷんは旨味をとじこめるために入れているものだとか。

「それなら自分ちでも出来そうだけど…」と思いますが、
冷めてもおいしく食べられる工夫を聞くと、「ああ、そこまでは無理だ~」ってなります(笑)


醤油さしの「ひょうちゃん」は撮影可なので、みんなここぞとばかりに撮りまくります。

初代ひょうちゃん
当時の栓はコルクだったそうです

二代目ひょうちゃん

三代目は初代の復刻版
栓が違うだけで絵柄は同じ

平成27年に還暦(60歳)を迎えたひょうちゃん
赤いちゃんちゃんこを着ています

当たり?
金色ひょうちゃん

金色の還暦ひょうちゃんも赤いちゃんちゃんこを着用

期間限定ひょうちゃん

マニアにはたまらないと思われる
JR20周年ひょうちゃん(左)
ファイナルファンタジーひょうちゃん(右ふたつ)

劇団四季キャッツひょうちゃん

回る順番はグループにより異なりますが、全員が同じことを教えていただきます。

すべてまわったら、お楽しみの試食!\(^o^)/

試食が出来るフロアに移動します。

歴代シウマイ娘の衣装

試食の準備をしてくださる案内係の女性たち

昔ながらのシウマイ
特製シウマイ
筍煮
パインキューブ

好きなひょうちゃんを選んで持ち帰れます
…が、最後に入ったからか微妙な表情のものばかり

昔ながらの…は知っている味。
特製シウマイいただいたの、初めてかも。ボリューミーで肉の弾力が違います。
筍煮は「それだけで売ってください」という人がいるほどの人気おかずだそうです。
パインキューブは台湾のパイナップルケーキを小さくした感じ。

試食を終えたら自由解散。

私たちはお土産を買うため、1階へ。

表から見た「プチミュージアムショップ」を中から見ると電車のようになっています

その場で出来立てをいただくこともできます

お土産は、
シウマイまん(12個入り)
真空パックのシウマイ
パインキューブ

工場見学は無料で試食もいただけますが、
交通費とお土産もろもろ~で、5000円近くしたかなあ?

そこだけ見ると「う~ん…」と思われる方もおられるかもしれませんが、
私自身は、「次に東海道新幹線に乗ったらシウマイ弁当にしよう♡」ってなったし、
特にお子さんがいたら楽しんでくれると思いますよ!

ちなみに、若いカップルはいそうでいなくて、
ほとんどが女性グループとファミリーでした。

一点、バスで行かれる方に注意事項が…
時間帯によっては1時間に1本しかバスがこないので、
お土産買う際には時刻表をご確認の上で楽しんでください。

Pocket

関連記事